本文へ移動

 ◆各種シート防水

塩化ビニル樹脂系シート防水

 塩化ビニル樹脂系シート防水とは、塩化ビニール樹脂で作られた防水シートを接着剤などで下地に貼り付ける工法です。
シートを接着剤で貼るだけなので施工性に優れており、複雑な形状や狭い場所でシート同士のジョイントがたくさん発生した場合でもシート同士を熱風で溶かして一体化できます。
既存の下地があっても、下地調整がほとんど必要ありません。紫外線・熱・オゾンに対し優れた耐久性を持ち、耐候性に優れています。また鳥害も受けません。
単層防水のため工期も短く低コストで済み、また意匠性に優れ、色や模様がプリントされたシートもあります。
接着工法と機械的固定工法があり、後者では下地が湿潤状態でも施工が可能です。

加硫ゴム系シート防水

ゴムシート防水とは、シート状に成形した合成ゴム系の防水シートを、接着剤などで下地に貼り付ける防水工法です。
シートそのものは安定した分子構造を持ち、ゴムのため伸縮性が高く、耐候性にも優れますが、シート同士の接着は接着剤と粘着テープによるので、溶融一体化しないという特徴があります。
また厚みが薄いのでやや損傷しやすいのも特徴です。
しかしコスト面で比較的安価であり、手軽にでき短工期で済む工法なので、目立ちにくいところの工事や応急処置としては、最適な防水工事と言えます。
また軽量であるのも大きな特徴で、上に保護層を塗れば軽歩行も可能です。
接着工法と、塩ビシートの特徴を取り入れた機械的固定工法があります。
株式会社双成化建         〒400-0043               山梨県甲府市国母3丁目12番34号 TEL.055-228-6095             FAX.055-226-0195       ■防水工事             ■外壁改修             ■塗装工事             ■土木工事                        ■建築設計
TOPへ戻る