本文へ移動

 ◆各種塗膜防水

ウレタン塗膜防水

ウレタン塗膜防水は、ポリイソシアネートを主成分とする主剤と、ポリオールを主成分とする硬化剤を、撹拌して塗膜する防水法です。
下地の形状に馴染みやすく、水密性が高い連続皮膜が得られるのが特徴です。一言で言うと、下地に塗るだけで防水層を形成する工法です。ウレタンは不定形材料のため、施工場所の形状が複雑でも、で、しかも軽量です。
工場所に物があっても、別素材の旧防水層があっても、その上から施工できます。
材料を塗るだけなので、改修工事として簡単な工事であり、工期も短く済み、コストも全面改修に比べ半分以下で済みます。また撤去する廃材も出ないので、環境保全・産廃処理の観点からも優れています。

アクリルゴム塗膜防水

アクリルゴム塗膜防水は、アクリルゴム系塗膜防水材を用いた、防水と防錆機能を併せ持つ主に金属屋根を対象とした施工のシステムで、高弾性厚膜のアクリルゴム防水塗膜で屋根をコーティングしますので、防水効果に優れていることはもちろん、錆の発生から保護した上、遮熱効果(遮熱工法)も発揮し冷房費の節約など省エネにも役立ちます。
また、スレート屋根のリフレッシュにも専用プライマーを用いる事により対応できます。工場・倉庫・体育館・店舗・住宅等のあらゆる金属屋根とスレート屋根の改修ニーズ(機能の向上・耐久性の向上・カラーバリエーション)に対応する、防水・防錆システムです。
before
after

ポリマーセメント系塗膜防水

ポリマーセメント系塗膜防水材は、有害物を一切含まない環境対応型のポリマーセメント系塗膜防水材です。 高分子エマルジョンからなる主材と、アルミナセメント系特殊配合セメントからなる硬化材を現場調合し、コンクリート躯体等に直接塗布、乾燥させ、柔軟かつ強靭でバランスの取れた防水塗膜を形成します。 仕様は大きく分けて屋外・屋内シリーズと水槽類・地下シリーズの2つに分類できます。
屋外・屋内シリーズは、屋根、ベランダ、トレンチピット等用の工法で、要求性能として防水塗膜に、より柔軟性を必要とする施工部位に用いられます。
水槽類・地下シリーズは、常時水に接している各種水槽、飲料用水槽、地下外壁等に用いられます。
新設工事はもちろん、水性の特性を活かした閉所空間や、住環境下の改修工事等にも安心して御採用いただけます。
before
after
株式会社双成化建
〒400-0043
山梨県甲府市国母3丁目12番34号
TEL.055-228-6095
FAX.055-226-0195
■防水工事
■外壁改修
■塗装工事
■土木工事
■建築設計
TOPへ戻る